TOP

女性にやさしいのみ薬を知りました

私は、現在30代後半の女性です。はじめに正直に書きますが、薬を常用することに抵抗がありました。しかし、とあるレデイースクリニックに出会って変わりました。私は、長年貧血症状に悩んでいました。そしてある日、友達からテレビや雑誌などにも出演しているある女性医師がいるレディースクリニックを紹介されて行ってみました。初めて行ったときに、正直に「先生、私、あまり薬は得意でないので、薬を飲むんでしたら体に優しいものにしてください」と申し出ました。先生は私の言った事に嫌な顔をせず、「わかりました、私も薬は苦手ですから、安心してください」と言ってくれて、体に優しい漢方薬で、処方箋を持って行った薬局で担当してくれた女性の薬剤師さんにもしつこいとは思いつつも「わたし、薬が苦手なんですけど、これ大丈夫ですか」と聞いたところ、「大丈夫だと思いますよ、漢方ですし、優しく効くと思います、何かあったら相談に来てくださいね」と親切にお答えいただき、今でも飲み続けています。友達と食事などに行ったときに、薬を飲んでいる姿を見ると「どこか具合悪いの?」とかついつい聞いてしまうことが多かったのですが、今は体の具合がどこか悪くなくても、体のケアのために飲む薬もあるという事を自分の身をもって知る事が出来たので、薬に対するイメージもかなり良くなりました。もちろん貧血も軽くなってきた気がします。なんで頑に病院に行かず、薬も飲まなかったのかなと今では反省しています。そして、女性に優しい薬が世の中にあることをもっと広く知ってもらいたいと思っています。今では薬の量も減り、レバレジーズ近くにある飲食店で元気に働いています。

女性特有の症状のための薬

女性特有の症状を改善させるための薬というものがあります。それは、生理の痛みを軽減してくれる薬です。体の成長した女性には毎月生理があり、軽い痛みからきつい痛みまでの痛みを伴うことがあります。もちろん個人差はありますが、ほとんどの女性は経験したことがあるでしょう。軽い痛みであれば薬など飲まなくても乗り切ることができます。しかし、痛みでめまいが起こったり、立っていられないようなひどい生理痛では薬を利用することはとても有効です。以前は、頭痛薬で生理の痛みも止めるというイメージのものも多くありましたが、今では女性の生理痛のための薬といった桃が多く販売されています。生理の痛みを抑える薬にはいろいろな種類があり、どれを選んでいいのか悩んでしまうこともあります。そんな時には抑えたい症状に合わせて薬を選ぶといいでしょう。とりあえず痛みを止めたいというのであれば、イブプロフェンが入った薬がいいようです。イブプロフェンは他の痛み止めに比べて、薬の作用が子宮に届きやすく、生理の痛みを止める効果が期待できます。しかし、15歳未満の子供への使用は認められていないため、15歳未満にはアセトアミノフェン配合の薬を使用するようにしましょう。生理時のむくみやボーっとする感じがつらい人には、カフェイン配合の薬がいいようです。効果的につらい症状を改善したい時には、症状を薬剤師さんに相談してアドバイスをもらうようにするといいでしょう。薬はできるだけ飲みたくないと我慢する人もいますが、我慢しすぎると症状が長引いたりします。痛いときに効果的に薬を利用することで、つらい症状が速く改善するメリットがあるでしょう。